FX初心者攻略。

FX初心者のためのブログ

レンジ相場の攻略方法。

為替相場の50%~70%はレンジ相場となっているため、レンジ相場を完璧に攻略さえすれば、FX取引で億トレーダーになることも難しくありません。ただ、多くのFXトレーダーは、一方通行相場で安易な逆張りをしてしまい、レンジ相場でたんまり儲けた利益を一方通行相場で失う結末をたどります。このような事態を防止するには、FX取引を行うときに、逆張りをすることをやめて、順張りに徹することが求められます。今回は、レンジ相場の攻略法について書かせていただきますね。

レンジ相場時に気をつけておきたいこと。

☆為替レートが自分の予想レンジを上回ったらすぐに損切りを行う。

為替レートが自分の予想しているレンジを上回った時にすぐに損切りをすることを実行する習慣をつけないと、トレンド相場発生時に、200PIPS~400PIPSの含み損を抱えることになるので、為替相場で大きな損益を出したくない人は、為替レートが自分の予想レンジを上回ったら、自分の逆張りSポジションをすぐに損切りしよう。

☆為替レートが自分の予想レンジを下回ったら、即時損切りを行う。

為替レートが自分の予想レンジを下回ったら、即時損切りを行う習慣つけて置かないと、一方通行相場が発生した時に、200PIPS~500PIPSの含み損を被ることにあるので、FX取引の損益額を抑えたい人は、為替レートが自分の予想レンジを下回ったら、自分の逆張りLポジションをすぐに損切りしよう。

☆レンジ相場に決まっているという思考を持たない。

レンジ相場にきまっているという思考に陥ると、自分の予想を裏切る事態が起きた時に、いつか自分のポジションは助かるだろうという思いから、自分の糞ポジを損切りすることができず、FX取引で大きな損益を生み出してしまいます。このような事態に陥らないようにするには、どんな相場環境であっても、損切りラインに到達したら、損切りを躊躇なく行うようにすれば良いだけです。

☆他人の意見を参考にしない。

他人の今日はレンジ相場だから、OOの通貨ペアのOOのレートでSのポジションをとるべきだという意見を鵜呑みにして、ポジションを取ったに限って、大きなトレンド相場が発生して、自分のポジションが強制ロスカットやゼロカットされる事態にあいます。このような事態を防止するには、他人の意見を鵜呑みにすることをやめて、自分の頭で考えてポジションを取るようにしましょう。

☆レンジ相場は永遠に続かない。

レンジ相場が長期間続いていると、レンジ相場が永遠に続くのではないだろうかと思い始めてしまい、安易な逆張りなポジションをガンガンとるようになってしまいます。そんなスタイルになっている時に、突然大きなトレンド相場が訪れてしまい、自分の安易な逆張りなポジションが強制ロスカットやゼロカットされるので、為替相場で生き残りたい人は、常にレンジ相場は永遠に続かないと思っておくべきですね。

☆大手金融機関の今週のレンジ予想はあてにならない。

大手金融機関の今週の通貨ペアのレンジ予想を鵜呑みにして、大手金融機関のレンジ予想の上限と下限で逆張りのポジションをとる癖をがついてしまうと、一日に3円~5円動くトレンド相場時にうまく対応できず、100PIPS~500PIPSの含み損を抱える結末をたどることになります。このような結末をたどりたくなければ、大手金融機関の今週の通貨ペアのレンジ予想を鵜呑みにしないようにしましょう。

☆レンジ相場時には、ナンピンをしない。

レンジ相場時に、ナンピンを繰り返して利益を生み出す癖をつけてしまうと、トレンド相場時にもついついナンピンをしてしまい、多額の含み損を抱え込むことになります。このような結末を防ぐには、ナンピン事態をやらないということを自分のFXのトレードルールに定めておきましょう。

☆レンジ相場時で、逆張りをするときは、最悪の事態を想定しよう。
最悪の事態(自分の予想が外れる)を想定しておけば、レンジ相場時の逆張りをするときにポジる枚数を少なめに抑えるようになるので、一度のトレードミスで大きな損益を被ることがなくなります。そうはいっても、自分の欲を制御できなくなると、最悪の事態が起こることが頭に浮かばなくなり、ポジる枚数を多めにして逆張りしてしまうんですよねー。

☆レンジ相場の天井を取ることは諦めよう

FX初心者は、レンジ相場の天井で逆張りSのポジションを取ることは諦めて、ある程度レバレッジを抑えて、天井付近で逆張りSのポジションを持つことを実行しよう。そうすれば、自分の逆張りSのポジションの逆方向に、為替レートが動いても、レバレッジが低いため、大きな損益を出す事態を防止することができる。

☆レンジ相場の大底を取ることは諦めよう。

FX初心者は、レンジ相場の大底で逆張りロングのポジションを取ることは諦めて、低レバレッジで、大底付近で逆張りロングのポジションをもつことを実行しよう。そうすれば、自分の逆張りロングのポジションの逆方向に、為替レートが動いても、レバレッジが低いため、多額の損益を出す事態から逃れることができる。

スポンサーリンク



レンジ相場の攻略方法。

☆ 材料がないのに、大きく為替レートが上昇したところで、逆張りSを持つ。

為替レートが上昇する材料がに何も無い局面で、大きく為替レートが上昇したところで、逆張りショートのポジションを持てば、凄まじい額の利益を手にすることができます。其の理由は、為替レートは、材料がなく大きく上がった場合は、為替レートが上昇する前のレートまで戻ることがおおいから。

☆材料がないのに、大きく為替レートが下落したところで、逆張りLを持つ。

為替レートが下落する材料がなにもない局面で、大幅に為替レートが下落したところで、逆張りロングのポジションを持てば、まじめに働くのがバカバカしくなってくるレベルの利益を手にすることができます。其の理由は、為替レートは、何の材料もなく、下がった場合は、為替レートが下落する前のレートまで戻ってくる事が多いから。

☆良い経済指標が続くとレンジ相場が終わりを迎える。

良い経済指標が続くと、今までの決まった為替レート幅でのレンジ相場が終わりを迎え、もう一段階上の為替レートに到達するために、大きな上昇トレンドが発生するので、上昇トレンドが発生した方向にロングのポジションを取れば、多額の含み益を得ることができます。

☆悪い経済指標が続くと、レンジ相場が終焉を迎える。

悪い経済指標が続くと、今までの決まった為替レート幅でのレンジ相場が終わりを迎え、もう一段階下の為替レートに到達するために、大きな下落トレンドが発生するので、下落トレンドが発生した方向にショートのポジションを持てば、それ相応の含み益を得ることができます。

大きく下げる材料が出しつくして、2円~3円程、為替レートが下落したところで逆張りロングを持つ。

大きく下げる材料が出し尽くして、2円~3円程、為替レートが下げ止まったのを確認したら、逆張りロングのポジションをもつ。この時に、突然、さらに為替レートを大きく下げる材料がでてしまうと、100PIPS~200PIPSの含み損を抱えることになるので、要注意ですね。

大きく上げる材料が出し尽くして、2円~3円程、為替レートが上昇したところで逆張りショートを持つ。

大きく上げる材料が出し尽くして、2円~3円の程、為替レートが上げ止まったのを確認したら、逆張りショートのポジションを持つ。この時に、突然、更に為替レートを大きく上げる材料がでてしまうと、100PIPS~200PIPSの含み損を抱えることになります。

小幅に下げる材料が出し尽くして、0.5円~1.5円程、為替レートが下落したところで、逆張りロングを持つ。

小幅に下げる材料が出し尽くして、0.5円~1.5円程、為替レートが下げ止まったのを確認したら、逆張りロングのポジションを持つ。この時に、突然、為替レートが大きく下がる材料が出てしまうと、0.3円~0.8円程の含み損を抱えることになります。

小幅に上げる材料が出尽くして、0.5円~1.5円程、為替レートが上昇したところで、逆張りショートを持つ。

小幅に上げる材料が出し尽くして、0.5円~1.5円程、為替レートが上げ止まったのを確認したら、逆張りショートのポジションを持つ。この時に、突然、為替レートが大きく下がる材料が出てしまうと、0.3円~0.8円程の含み損を抱えることになります。