FX初心者攻略。

FX初心者のためのブログ

FXのコツとは?

f:id:akihiro5:20170625140356j:plain
FXトレードで爆発的な利益を生み出すコツだったり、FXトレードで毎週コンスタントに利益を出すコツだったり、為替相場で何年も大きな損益を出さないコツだったり、雇用統計時のFXトレードで爆発的な利益を生み出すコツだったり、経済指標スキャルピングでコツコツ利益を積み上げていコツだったり、低レバレッジでのスイングトレードで利益を出すためのコツだったり、ハイレバスイングトレードで多額の利益を生み出すコツを知っていればFX取引で利益を積み重ねるのは難しくありません。今回は、FXのコツをテーマにして、記事を書いていきますね。

FX取引で利益を出すコツとは?

☆FXトレードで爆発的な利益を生み出すコツ。

FXトレードで爆発的な利益を手にするには、利益を得られる確率が高いポイントで、多めにポジションを取ることができるかどうかとなっているので、いち早く億トレーダーになりたい人は、勝率が高いポイントで、多めにポジションをとっていきましょう。ただ、FX取引では、多めにポジションを取れば、儲かる金額も段違いに跳ね上がると同時に、FX取引で予想を外したときに損する額の金額も跳ね上がります。

FX取引で爆発的な利益を手にすれば、ハッピーな人生が待っているし、FX取引で多額の損益を出すことになっても0になるだけですから、FX取引でお金を失うことを恐れずに、勝負どころでガンガンハイレバレッジの取引を繰り返していきましょう。こういうメンタリティでFXで取引をしている人は、いつかFX取引で大きな成功を手にすることができるはず。まあ、FXを取引で大きな成功を手にする事ができない人もいますが。。

☆FXトレードで毎週コンスタントに利益を生み出すコツ。

FXトレードで毎週コンスタントに利益を生み出すには、レバレッジ25倍で、多くのPIPSを獲得できるポイントでポジションを取って、大きめの利幅で利益確定をすることと、損切りラインで損切りを実行することの2つを行えばよいだけです。そうはっても、人間は強欲で損したくない気持ちが強い生命体なので、利益が出ているときは早く利確をしたくなり、損益が多く出ているときは、損したくない気持ちから損切りができないので、なかなかFXトレード取引で損小利大のトレードができず、自分のトレード収支をプラスにすることができません。

FXトレードで毎週コンスタントに利益を生み出そうと思えば思うほど、勝ち目が薄い場所でも無理にポジションをとるようになってしまい、FXトレードで良い結果を出せなくなってしまうので、FX取引で毎週コンスタントに利益を出そうなんていう傲慢な考えは捨てて、FX取引でお金が儲からなくてもいいやーと気持ちでFX取引を行えば、Fトレードで良い結果をを出すことができます。そうはいっても、FXトレードでお金をたくさん稼ぎたいとおもってしまうんですどね。

☆ 為替相場で何年も大きな損益を出さないコツ。

為替相場で何年も大きな損益を出さないようにするには、自分が決めた損切りラインで、損切りを実行すれば良いだけなので、特別な才能がない人でも、為替相場で何年んも大きな損益を出さないようにすることができます。また、ハイレバでのFX取引時にも、自分の決めた損切りラインで損切りをすれば、自分のトレード資金の大半を守りぬくことができるので、ハイレバFX取引だからといって損切りをせずに、ゼロカットまでポジションを持つことはあまり得策とは言えませんね。

FXトレードで退場しなくない、FXトレード取引で大きなお金を失いたくないという気持ちを持てばもつほど、損切りラインでの損切りを行うことができるようになるので、FX取引時には常にトレード資金を守る意識をもっておきましょう。そうはいっても、今回は、多額の含み損を抱えたポジションが助かると思う気持ちをもってしまい、損切りラインでの損切りを躊躇してしまうんですけどね。

☆雇用統計時のFXトレードで爆発的な利益を生み出すコツ

雇用統計時の失業率と雇用者数の両方がかなり良い数字が出れば、雇用統計発表後にドル円が大きく円安方向に走るので、ドル円ロングのポジションをもつだけで、多額の含み益を得ることができます。その逆もしかりで、雇用統計の失業率と雇用者数の数字が悪ければ、雇用統計発表後に、ドル円が円高方向に走るので、ドル円のショートのポジションを取るだけで、それ相応の含み益をえられます。

雇用統計の失業率が予想通りで、雇用者数の数字がほんの少し良い数字がでれば、雇用統計発表後に、ドル円が円安方向に40PIPS動いた後に、ドル円が元の為替レートの水準まで戻るので、ドル円が円安方向に40PIPS動いたときに、ドル円ショートのポジションを持てば、多額の利益をえることができます。その逆も然りで、雇用統計の失業率が予想通りで、雇用者数の数字がほんの少し悪い数字が出れば、雇用統計発表後に、ドル円が円高方向に40PIPS動いた後に、ドル円が元の為替レートの水準まで戻るので、ドル円が円高方向に40PIPS動いた時にドル円ロングのポジションを持てば、多額の利益を得られます。

☆経済指標スキャルピングでコツコツ利益を積み上げていコツ

経済指標スキャルピングでコツコツ利益を積み上げていくには、値動きを的中させやすい経済指標でのみスキャルピングを行うことを徹底することと、自分の予想がはずれたらすぐに損切りすることの2つを実行すれば良いだけ。この2つのことを実行することができれば、経済指標スキャルピングでコツコツ利益を積み上げていくのはそんなに難しいことではありません。まあ、それができないから、FX取引で退場する人が多数いるわけですが。

経済指標の数字が良いのに、通貨ペアのレートが下落したり、経済指標の数字が悪いのに、通貨ペアのレートが上昇したりすることもあるので、安易に経済指標の数値が良いからロング・ポジションを持ったり、安易に経済指標の数値が悪いからショート・ポジションを持ったりすると大きな損益を被ることになります。こういう事態を防ぐには、今の相場環境で経済指標の結果が通貨ペアに反映されるかどうかという部分に着目すればよいだけですね。

☆ハイレバスイングトレードで多額の利益を生み出すコツ

ハイレバスイングトレードで多額の利益を生み出すには、為替レートが日足の第三維持線に到達したら、ハイレバの逆張りでポジションをとればいいだけですね。また、ハイレバスイングトレードで成功すれば、とんでもない利益を手にすることができる反面、ハイレバスイングトレードに失敗すれば、とんでもない損益を被ることになってしまうのだということを決して忘れてはいけない。まあ、ハイレバでのFX取引はギャンブルそのものなので、FX初心者には、あまりおすすめすることはできませんが。

☆低レバレッジでのスイングトレードで多額の利益を生み出すコツ。

低レバレッジでのスイングトレードで多額の利益を生み出すには、為替レートが日足の第二維持線維状に到達したら、低レバの逆張りでポジションをとれば良いだけですね。ただ、レンジ相場が終わりを迎えた時に、日足の第二維持線のところで逆張りをすると、数円~数十円の含み損を抱えることになるので、注意が必要です。
スポンサーリンク


最後に、

FXのコツについて書かせていただきました。