FX初心者攻略。

FX初心者のためのブログ

2019年ユーロ円の予想と見通し。

2019年中に、日本経済やイギリス経済やEU経済に不景気が訪れると、ユーロ円レートが大きく下落していきますから、2019年中にEU経済や日本経済やイギリス経済の景気が下向きになるニュースが次々と発表されたら、ユーロ円売りで攻めるようにしよう。また、2019年中に、日本経済やイギリス経済やEU経済に好景気が訪れると、ユーロ円レートが大きく上昇していきますから、2019年中にEU経済や日本経済やイギリス経済の景気が上向くニュースが次々と発表されたら、ユーロ円買いで責めるようにしましょう。個人的な意見を言わせてもらうと、人口がこれから減っていく日本経済が良くなるとは、EU経済が良くなるとも考えにくいので、2019年はユーロ円が126円~100円まで下落することを見越して、ユーロ円Sで攻めよう。

これだけアベノミクスで日本景気が良いといっていたときも、ユーロ円レートが159円までしか上昇しなかったし、まだまだ日本景気が良いぞとされている今でもユーロ円レートが126円なのだから、景気が悪くなっていくであろう2019年のユーロ円レートは、100円~110円になっているに違いない。こういう風に思い込んで、ユーロ円Sをがちホールドしたときにかぎって、ユーロ円レートが上昇していくので、ユーロ円が下がるに違いないと思い込むことは危険。今回は、2019年ユーロ円の予想と見通しをテーマにして記事を書いていきます。

ユーロ円の特徴について。

ユーロ円相場、一年の内の6割~7割がレンジ相場であり、残りの3割がトレンド相場となっているので、ユーロ円取引で利益を出すには、レンジ脳とトレンド脳を旨く使い分けることが必須となっています。そうはいっても、一度レンジ脳になってしまうと、レンジ脳をトレンド脳に切り替えるのは割りと難しいことだったりするんですけどね。

1.EUの経済指標が良い場合。
ユーロ円の値動きは、EUの経済指標が良ければ、ユーロ円レートが50PIPS~100PIPS円安方向に動きますから、EUの経済指標が良いときは、心の迷いをすべて捨て去り、ユーロ円ロングのポジを採ろう。このときのユーロ円の利益確定ラインは、60PIPSほどにしておこう。

2.EUの経済指標の数値が思わしくない場合。

EUの経済指標の数値が思わしくないとき、ユーロ円レートが50PIPS~100PIPS円高方向に動きますから、EUの経済指標の数字が思わしくないときは、覚悟を決めて、ユーロ円売りのポジションをとろう。このときのユーロ円の利益確定ラインは50PIPSほどにしよう。

3.ドラギの発言でユーロ円レートが上下に触れる場合。

ドラギの発言でユーロ円レートが円安方向に110PIPS動いた直後、ドラギの新しい発言でユーロ円レートが円高方向に100PIPS動くなんてこともあるから、ドラギさんが発言するときにユーロ円取引をすることはかなりリスクが高い行為である。そうはいっても、日本在住のFXトレーダーは、ドラギさんの発言時のスキャルピング取引でお金を稼ぎたい欲に負けてしまい、ドラギ発言時にスキャルピング取引をしてしまいます。

4.戦闘ネタで、ユーロ円レートが上下に触れる場合。

OOで戦闘が起きたぞーというニュースがでると、ユーロ円レートがたった5分で70PIPS下落していきますが、OOでの戦闘がたいしたことがないことがわかると、ユーロ円レートがたった5分で70PIPS上昇していきます。こういう理不尽なユーロ円レートの動きが起こることがあるので、ユーロ円取引時に気を抜いてはいけません。

5.ユーロ円が利上げしたネタで、ユーロ円レートが円安方向に動く。

ユーロ圏のえらい人が、ユーロ円を利上げするぞというと、ユーロ円レートが円安方向に5円くらいサクッと動きますから、ユーロ円利上げネタが耳に入ったら、ユーロ円買いのポジションを取ります。これができるFXトレーダーは、ユーロ円取引で大きな利益を手にすることができます。

6.ユーロ円が利下げしたネタで、ユーロ円レートが円高方向に動く。

ユーロ円圏のえらい人がユーロ円を利下げするぞという発言をすると、ユーロ円レートが円高方向に3円~6円ほど動きますから、ユーロ円利下げネタが耳に入ったらユーロ円売りのポジションをもつようにしましょう。これができるFXトレーダーは、ユーロ円取引で間単にお金を得られますね。

7.ヘッジファンドの仕掛けでユーロ円レートが5円下落。

突然、ヘッジファンドの仕掛けでユーロ円レートが5円下落することもあるので、ユーロ円取引時は常にユーロ円レートの暴落が起こりうるものだと思っておきましょう。

スポンサーリンク


2019年ユーロ円の予想と見通し。

2019年のユーロ円の予想と見通しについて、2019年にユーロ円レートがどのような値動きをするのか?について、自分なりの見解で書いていきたいとおもいます。これだけはいっておきたいのは、ユーロ円相場では、何が起こるかわからないので、ユーロ円の値動きを的中させるはかなり難しいことだったりします。

1.2019年に発表されるドイツ、フランス、イタリアの経済指標の数値が良い。

2019年に発表されるドイツの経済指標だったり、フランスの経済指標だったり、イタリアの経済指標の数値がかなりよければ、ユーロ円レートが円高方向に動く要因がすべてなくなり、ユーロ円レートが円安方向に動いていきます。この一連の流れが起こる可能性は捨てきれないので、ユーロ円が円安に動く可能性もあると思っておきましょう。

2.2019年に発表されるドイツ、フランス、イタリアの経済指標の数値が悪い。

2019年に発表されるドイツの経済指標だったり、フランスの経済指標だったり、イタリアの経済指標の数値が低水準であれば、ユーロ円レートが円安方向に動く要因がすべてなくなり、ユーロ円レートが円高方向に動いていきます。この一連の事柄が発生すること可能性もあるので、ユーロ円が円高に動くこともあるのだと頭の片隅においておきましょう。

3.北朝鮮とアメリカの関係が良好である。

2019年は、北朝鮮とアメリカの関係が良好となっていますから、北朝鮮とアメリカの関係が不仲であることが要因でユーロ円が下落することはほとんどないといえるでしょう。そうはいっても、突然、北朝鮮とアメリカとの関係が不仲になることも考えられるので、北朝鮮とアメリカの関係が不仲になって、ユーロ円が下落することもあると思っておこう。

4.北朝鮮とアメリカの関係が突然悪化する。

2019年に北朝鮮とアメリカの関係が突然悪化することになれば、北朝鮮とアメリカの関係が不仲であることが要因でユーロ円のレートが円高方向に動きます。こういう自分がよきしていないことが為替相場に起こることもあるので、ユーロ円が下落するシナリオもあると思っておきましょう。

5.2019年新元号令和になったとき、ユーロ円が円安に動くかもしれない。

2019年の新元号令和になったとき、ユーロ円相場参加者が令和の時代は良い時代になるに違いないと判断すれば、ユーロ円レートは円安に動くことになります。このシナリオが起こりうる可能性もあるので、新元号令和になったときに安易にユーロ円売りのポジションを持たないようにしましょう。

6.2019年新元号令和が施行されても、ユーロ円レートは動かない。

2019年新元号令和が施行されても、ユーロ円相場参加者が令和の元号に反応しなければ、ユーロ円レートがほとんど動きません。こういうことも起こりうるので、新元号が施行されたからといって、ユーロ円ロングのポジションを取るのは賢い選択とはいえないでしょう。

7.イギリスのEU離脱をする。

イギリスがEU離脱をすることになると、為替相場参加者が世界恐慌が始まるかもしれないと判断すれば、ユーロ円レートは円高方向に動くことになります。このシナリオが起こる可能性はかなり高いので、ユーロ円レートが大きく下落することもあると思っておきましょう。

8.イギリスのEU離脱自体がなくなる。

イギリスのEU離脱自体がなくなれば、為替相場参加者がこれからもEU経済は安泰だと判断して、ユーロ円レートは円安方向に動くことになります。このシナリオが起こることを願っているユーロ円ロングポジションを保有しているFXトレーダーは日本全国にたくさんいます。

9.アベノミクスの終焉。

2019年中に、アベノミクスが終焉を迎えれば、ユーロ円だけでなく、すべての通貨ペアレートが下落することになります。このシナリオが起こることを願っているユーロ円ショートポジション保有者は、日本全国に沢山いるはず。

10.中国のバブル終焉。

中国のバブルが終焉を迎えたことが、EU経済に悪い影響を与えることになれば、ユーロ円レートは大きく下落していくことになります。この最悪のシナリオが起こる可能性は、かなり高いです。

最後に、
2019年ユーロ円の予想と見通しについて、書かせていただきました。

コツコツドカン対策について。

f:id:akihiro5:20170625140356j:plain
コツコツドカン(損小利大)のFX取引を繰り返してしまう人は、勝てる場所で小さなLOTで小さい値幅での利確と負ける場所で大きなLOTで大きな値幅での祖切りを何度も繰り返しています。このような状態から抜け出すには、勝てる場所で大きなLOTで大きな値幅で利確と、負ける場所で小さなLOTで小さな値幅での損切りを行おう。今回は、コツコツドカン対策についてかいていきます。

相場の値動きが予測しやすい局面でのポジる。

相場の値動きが予測しやすい局面でのみポジって、相場の値動きが予測しやすい局面でポジションをとることをやめれば、大幅に損切りする回数をへらすことができ、自分のトレード資金を着実に増加させることができます。このときに気をつけることは、負けるときのことも考えて、ある程度レバレッジを抑えてFX取引を行うことと、損切りラインで損切りすること、利確ラインで利確することと、やばいと思ったら損切りすることの4つ。

大きいLOTでポジったときも、損切りラインで損切りを行うこと。

大きいLOTでポジった時に、大きな損益を絶対に出したくないんだの思いを所持しちゃうと、莫大な含み損を抱える事態に陥ってしまい、挙げ句の手には、矯正ロスカットやゼロカットの結末をたどることに。このような結末をたどりたくないときは、ハイレバで大きなLOTをポジったときも、損切りラインで躊躇なく損切りを実行しよう。

相場状況に応じて利確幅を決めること。

この相場環境では、OOをPIPSほどしか動かないだろうと判断したら、利確幅OOPIPSと定めることで、利確ラインで利確ができないという最悪の事態を防ぐことができます。このことを的確に行えるようになることで、着実にFX取引で利益を積み上げていけるようになり、プロのトレーダーに一歩近づけます。

LOT数を固定すること。

勝てる場所でも固定したLOTでのFX取引を行い、大きな値幅で利益確定することと、負ける場所でも固定したLOTでのFX取引を行い、小さな値幅で損切りすることの2つを実行することができれば、コツコツドカンを防ぐことができます。ただ、低レバレッジでの固定したロットでのFX取引をおこなうと、損益額も大したことないことをいいことに、小さな値幅での損切りすることを実行できないんですよね。

これはやばいと思ったら自分のポジションを微益撤退。

このままポジションをホールドしていたら、やばいんじゃないか?という気持ちを持ってしまった時は、自分の予感を信じて、微益が乗っているポジションを微益で利益確定しよう。この自分の予感を信じずに、微益撤退をしない時に限って、あっという間に自分の微益を抱えたポジションが多額の含み損を抱えたポジションに変貌します。

これはあかんと思ったら、自分の微々たる含み損を抱えたポジションを損切りする。

これはあかんと思った、自分の微々たる含み損を抱えたポジションを損切りすることで、FX取引の損益を小さく抑えることができます。このときに自分のあかんと思った感を無視して、ポジションの損切りを怠った時に限って、ほんの数時間で、自分の小さい損益を抱えたポジションが多額の損益を抱えたポジションに変貌します。

損切り幅を5PIPS~10PIPSの幅に固定する。

損切り幅を5PIPS~10PIPSに固定して、5PIPS ~10PIPSの幅で損切りをすることを徹底していけば、一度の大きな損切りでコツコツ積み上げた利益をドカンと吹き飛ばす事態を防止できます。そうはいてっても、今回だけは損ぎりしなくてもいいやーという気持ちを制御することができず、コツコツドカンのトレードをしてしまうんですよね。

一生使う予定がないお金でFX取引を行うことを徹底する。

誰かから借金したお金(失ったらやばい金)でのFX取引では、絶対に金を0にしてはだめだーの気持ちから、少ない利幅での利確が増え、大きな幅での損切りが増えてしまい、コツコツドカンのFX取引になりがちです。それに対して、一生使う予定がないお金でのFX取引では、お金を失ってもいいんじゃねの気持ちから、大きな利幅での利確が増え、小さな幅での損切りを何度も行えるので、己のトレード資金が着実に増えていきます。

FX取引でお金を稼ぐことは一切考えない。

FX取引でお金を稼ぐことを考えてしまうと、利確するべき局面で利確できなかったり、損切りするべき局面で損切りできなかったりして、コツコツドカンのFX取引をくりかえししまいます。それに対して、FX取引でお金儲けを考えていない人は、利確するべき場所で利確をして、損切りするべき場所で損切りをすることができているので、着実に自分のトレード資金を増やせています。

FXに100%利益を出すことはできないことを理解する。

FX取引で100%利益を出すことはできないことを理解することで、レバレッジ管理と利確ラインでの利確と損切りラインの損切りのルールのすべてを守ることができるようになり、コツコツドカンを繰り返すことがなくなります。

スポンサーリンク


最後に、

コツコツドカン対策に書かせていただきました。

FX退場する時にありがちなこと。

f:id:akihiro5:20170625140356j:plain
FX取引で退場するときは、低レバレッジ時のFX取引で10円以上の含み損を抱えてしまった時やハイレバ時のFX取引で1円~2円の含み損を抱えてしまった時の2つとなっているので、FX取引で退場したくない人は、含み損が10PIPS~20PIPSの時に損切りを実行しましょう。そうはいっても、損を認めたくない気持ちが強すぎると、10PIPS程度の含み損ごときで損切りをするのは早すぎるとおもってしまい、含み損10PIPS程度では損切りできないんですよね。今回は、FX退場する時にありがちなことについて書いて行きますね。

レバレッジ400倍以上のFX取引時に、含み損を20PIPS以上抱える。

レバレッジ400倍以上のFX取引の場合、含み損が20PIPSを超えると、ゼロカットシステムが発動して自分のトレード資金が0になるので、お金を一瞬で失いたくない人は、レバレッジを25倍程度に押さえてFX取引を行いましょう。ただね、お金が欲しい欲しいの気持ちが強まると、レバレッジ25倍程度では物足りなくなってきて、ついついレバレッジ400倍でのFX取引をおこなってしまうんだよね。

レバレッジ888倍のFX取引で含み損を10PIPS以上を抱える。

レバレッジ888倍以上のFX取引の場合、含み損が10PIPSを超えると、ゼロカットシステムが発動して自分のトレード資金が0になるので、たった10PIPSの含み損で自分のトレード資金のすべてを失うことだけは避けたい人は、レバレッジ888倍のFX取引を行うことを避けて、レバレッジ10倍~100倍程度でFX取引を行うようにしよう。そうはいっても、一度レバレッジ888倍のFX取引で一日100万円~1000万円規模の爆益を得てしまうと、レバレッジ888倍が危険だとわかっているのに、レバレッジ888倍でのFX取引を再度行ってしまうんですよね。

低レバレッジでのFX取引に徹することができない。

低レバレッジ(50円~100円の含み損を抱えてもゼロカットされない)のFX取引では、ほとんどの含み損を抱えたポジションがいつかは含み益を抱えたポジションになるため、FX取引で着実にお金を増やしていくことができます。それに対して、ハイレバレッジ(1円~2円の含み損を抱えるとゼロカットされる)のFX取引では、自分のポジションを損切りをすることを躊躇しているうちに、自分のポジションの含み損がゼロカットラインである2円を超えてしまい、自分のポジションが無くなってしまいます。

FX取引で、適当にポジションを取る癖がある。

FX取引で適当にポジションを取ることを連発している人の多くは、FX取引で50PIPS程度の損切りを何度も連発してしまい、自分のトレード資金を何度も0にしています。このような状態を防ぐには、自分が確実に利益を出せるところでのみポジションを取るようにして、5PIPS~10PIPの値幅で損切りをするようにすれば良い。

大きいLOTで、何度もナンピンをしてしまう。

FX取引では、レンジ相場時に、大きいロットで何度もナンピンをすればするほど、莫大な利益を積み上げることができるので、大きなLOTで何度もナンピンする癖がついてしまいます。そのナンピン癖をトレンド相場(一日で5円動く相場)で発揮すると、ナンピンすればするほど、莫大な損益を積み上げていくことになって、あっという間に自分のトレード資金が0になります。

思い込みが強い。

OOの通貨ペアが上がるに決まっているだろと思っていたり、OO通貨ペアが下がるにきまっているだろと思っているといった思い込みが強いと、突然のトレンド変換に対応することができず、FX取引で大きな損益をだすことになるので、常に為替相場のトレンドは突然変わることもあると思っておくが大事です。そういっても、一度OOの通貨ペアがこう動くに違いないと思い込んでしまうと、トレンドが突然変わることがあるわけ無いともおもいこんでしまうんですよね。

天井ロングをしてしまう癖がある。

OOの通貨ペアが自分の予想を遥かに上回るほど買われている水準だというのに、OOの通貨ペアはまだ上がるにきまっていると思いこみ、OOの通貨ペアを天井ロングしてしまう。そして、自分が天井ロングした直後に、天井ロングした通貨ペアが大きく下落してしまい、多額の含み損を抱えることに。この一連の天井ロングの流れを防ぐには、これは買われすぎと思う水準では、ポジションを取らないようすればOK.

大底ショートをする癖がある。

OOの通貨ペアが、かつて無いほどに売られている水準に到達しているのに、OOの通貨ペアはガンガン下落していくことは規定事項だと思い込み、OOの通貨ペアを大底ショートしてしまう。そして、自分が大底ショートした直後に、大底した通貨ペアが大きく上昇していき、多額の含み損を抱えることに。この一連の大底ショートをする流れを防止するには、売られすぎだなーと感じたところでショートのポジションをとらないに限る。

FX取引で儲けることばかり考えてしまう。

FX取引で自分のトレード資金を守ることのみを考えている人は、自分が利益を出しやすい場所でのみポジションを取り、利益確定が遅く、損切りが早いトレードを行うことができています。それに対して、FX取引で取引でお金を儲けることを考えている人は、所構わずポジションを取り、利益確定が早く、損切りが遅いトレードを行うことで、着実に自分のトレード資金を減らすことになります。

FX取引しかお金を稼ぐ術がない。

FX取引しかお金を稼ぐ術がないと、FX取引で早くお金を儲けなければ行けないという思いから、冷静な判断力が低下した状態でFX取引を行うことになり、FX取引で思わしい結果をだすことができません。それに対して、複数の収入源を持っている人は、FX取引で一円も儲けなくてもいいやーと思いから、冷静した判断力を有した状態でFX取引を行えるため、FX取引で最高の結果をだせます。

スポンサーリンク



最後に、

FX退場したくないですね。

FXのトレード資金を貯める方法について。

f:id:akihiro5:20170625140356j:plain
FXのトレード資金を貯めるには、お金を散財することをやめて、毎月10万円以上のお金を貯蓄することを習慣化すれば良いだけだったりします。それ以外には、自分の親の貯金をFXのトレード資金の代わりに利用したり、消費者金融で借りたお金をFXのトレード資金に利用したり、
親からもらう仕送りをFXのトレード資金にしたり、一万円をハイレバ取引で数百万円まで増やしたりして、FXのトレード資金を用意する方法があります。ただ、借金でFX取引をすると、FX取引で失敗したら、借金返済のための人生をおくることになるので、FXのトレード資金は借金ではなく、余剰資金で行うべきです。

親に寄生するしかない。

親に食費と光熱費とガス代のすべてを負担してもらえば、月収10万円の人でも、家に引きこもる生活をすれば、毎月9万円は貯められるので、低賃金でFXのトレード資金をためたい人は親に頼ればいい。それにさ、親を一時的に頼っても、FX取引で大きな利益を手にすることができれば、親に恩返しすることができるので、なんの問題もない。

月収20万円~月収100万円の人も親に食費と光熱費とガス代のすべてを負担してもらって、散財しない生活をすれば、毎月10万円~50万円は貯める事ができるので、高収入でFXのトレード資金を高速でためたい人も親に頼ればいい。そうはいっても、ある程度の収入があると、親にまとまったお金を強制徴収されてしまうので、そんなにトレード資金がたまらない現実がある。

トレード資金1万円をレバレッジ400倍の取引で増やしていく。

トレード資金1万円をレバレッジ400倍の取引で、数百万以上のお金に増やすことができれば、ちまちま自分の生活を切り詰めることをしなくてもよくなります。それにさ、トレード資金1万円をレバレッジ400倍の取引で失敗しても、たった1万円しか失わずに済むから、ほぼノーリスクといっても過言ではないんだよね。

現に、トレード資金1万円から億トレーダーになって、人生の勝ち組として君臨している人も日本には多数存在しているのだから、一万円を失うことを恐れて、数億円得るチャンスを捨てるのは本当にもったいないよね。それにさ、低額資金をハイレバで数百万円に増やすことができるスキルを身につけることができれば、どんな状況下でも自分の人生をやり直すことができるんだよね。

クレジットカードを作って、FXのトレード資金を確保する。

トレード資金がまったくないけど、FX取引を開始したい人は、クレジットカードを作ることとクレジットカード入金に対応しているFX口座をつくるの2つを行ってください。そして、クレジットカード入金に対応しているFX口座に、クレジットカード入金を利用して入金をすれば、すぐにFX取引を開始することができます。しかも、クレジットカード入金を利用して、

クレジットカードの借金を原資にFX取引をする場合、FX取引で爆発的な利益を得たときはなんの問題も発生しませんが、FX取引に失敗して、自分のトレード資金のすべてを溶かすと、クレジットカードの借金分の金額を後日クレカ会社に返済していくことになります。こういう事態に陥入りたくない人は、クレカを原資にFX取引を行うこと早めましょう。

月収30万円以上稼げる会社の正社員になって、ひたすらお金を使わない生活を送る。

月収30万円円以上稼げる会社の正社員になって、ひたすらお金を使わない生活を送れば、一ヶ月で10万円~20万円のお金を貯めることができるので、とにかくFXトレード資金をためたい人は、自分の夢を捨てて、月収30万円以上稼げる会社の正社員になることをおすすめします。ちなみに、月収30万円以上稼げる正社員は、フルコミッションの営業マンやテレアポの営業マンやイケイケベンチャーのプログラマーなど多伎にわたってありますね。

クラウドファンディングでFXのトレード資金を集める。

クラウドファンディングのサイトで、FXで人生逆転したいので、僕にFXのトレード資金を恵んでいる人いませんか?という形で支援者を募れば、ノーリスクで自分のFXのトレード資金を収集することができます。そうはいっても、FXトレードをするための資金をよこせーというやつに、無償でお金を渡す人なんて、そうそういないんですけどね。

クラウドファンディングは、FXトレード資金集め以外にも、自分の夢を叶えるためのトレード資金集めに利用している人が多くいるサービスなので、お金がないけど今すぐ夢を叶えたい人は、クラウドファンディングでの資金集めに挑戦してみるべきです。また、クラウドファンディングで効率的に資金を集めるには、資金を出してくれる人になにかしらのリターンを提示することが大事となってきます。

親からFXのトレード資金をもらう。

親にFXトレードを開始したいと言って、親からFXトレードに利用する資金を貰えば、仕事を一切することなくFXのトレード資金を収集することができます。ただね、親の金でFXトレードをするも、FXトレードに失敗して親の金をすべて溶かすなんてことになったら、唯の人間のクズになりさがってしまうので、親の金でFXトレードをするからには、絶対にFX取引で利益を出すことが必須となってきます。

アフィリエイトでFXのトレード資金を稼ぐ。

アクセスがあるウェブサイトにアフィリエイト広告を貼ることで、多額の広告収入を得ることができれば、社会の歯車になることなく、FXのトレード資金を稼ぐ事ができる。ただ、アフィリエイトで多額の収入を稼ぐには、サラリーマンの数倍の時間をサイトを作る時間に回すことになるので、努力することがきらいな人は、アフィリエイトに向いていないのかなーと思いますね。まあ、アフィリエイトを仕事だと思うからつらくなるわけなんですが。

個人的な意見ですが、アフィリエイトは、自分のウェブサイトがグーグルのアルゴリズム変更で検索圏外に飛ばされた瞬間に稼げなくなるので、アフィリエイト以外にお金を稼げるスキルを身に着けておけば、自分のアフィサイトがとんでも何の問題もおきません。そうはいっても、アフィリエイト以外のビジネスで安定的な収入を稼ぐのも結構大変なことだったりするわけなんですが。

ヤフオクの転売で、FXのトレード資金を稼ぐ。

ヤフーオークションでとてもつもない安い値段で商品を仕入れて、アマゾンでとてつもない高い値段で商品を転売をして、多額の利益を得ることを繰り返しって、FXトレード資金を稼げば、サラリーマンになることなく、FXのトレード資金を稼ぐことができてしまいます。ただ、転売行為を繰り返すことでお金は儲かるかもしれませんが、自分自身のスキルは何も上昇することはないので、注意が必要です。

個人的な意見ですが、ヤフーオークションの転売で自分の人生の時間を無駄にするくらいならば、スキルが身につく会社で本気で仕事をして、月収100万円の給料を稼いだほうがまだ有意義と言えるでしょう。ただ、サラリーマンも会社を首になったら、なんにも残らないので、転売もサラリーマンもどっちもどっちだったりしますが。

スポンサーリンク



最後に、
FXのトレード資金を稼ぐ方法について書かせていただきました。

FXのコツとは?

f:id:akihiro5:20170625140356j:plain
FXトレードで爆発的な利益を生み出すコツだったり、FXトレードで毎週コンスタントに利益を出すコツだったり、為替相場で何年も大きな損益を出さないコツだったり、雇用統計時のFXトレードで爆発的な利益を生み出すコツだったり、経済指標スキャルピングでコツコツ利益を積み上げていコツだったり、低レバレッジでのスイングトレードで利益を出すためのコツだったり、ハイレバスイングトレードで多額の利益を生み出すコツを知っていればFX取引で利益を積み重ねるのは難しくありません。今回は、FXのコツをテーマにして、記事を書いていきますね。

FX取引で利益を出すコツとは?

☆FXトレードで爆発的な利益を生み出すコツ。

FXトレードで爆発的な利益を手にするには、利益を得られる確率が高いポイントで、多めにポジションを取ることができるかどうかとなっているので、いち早く億トレーダーになりたい人は、勝率が高いポイントで、多めにポジションをとっていきましょう。ただ、FX取引では、多めにポジションを取れば、儲かる金額も段違いに跳ね上がると同時に、FX取引で予想を外したときに損する額の金額も跳ね上がります。

FX取引で爆発的な利益を手にすれば、ハッピーな人生が待っているし、FX取引で多額の損益を出すことになっても0になるだけですから、FX取引でお金を失うことを恐れずに、勝負どころでガンガンハイレバレッジの取引を繰り返していきましょう。こういうメンタリティでFXで取引をしている人は、いつかFX取引で大きな成功を手にすることができるはず。まあ、FXを取引で大きな成功を手にする事ができない人もいますが。。

☆FXトレードで毎週コンスタントに利益を生み出すコツ。

FXトレードで毎週コンスタントに利益を生み出すには、レバレッジ25倍で、多くのPIPSを獲得できるポイントでポジションを取って、大きめの利幅で利益確定をすることと、損切りラインで損切りを実行することの2つを行えばよいだけです。そうはっても、人間は強欲で損したくない気持ちが強い生命体なので、利益が出ているときは早く利確をしたくなり、損益が多く出ているときは、損したくない気持ちから損切りができないので、なかなかFXトレード取引で損小利大のトレードができず、自分のトレード収支をプラスにすることができません。

FXトレードで毎週コンスタントに利益を生み出そうと思えば思うほど、勝ち目が薄い場所でも無理にポジションをとるようになってしまい、FXトレードで良い結果を出せなくなってしまうので、FX取引で毎週コンスタントに利益を出そうなんていう傲慢な考えは捨てて、FX取引でお金が儲からなくてもいいやーと気持ちでFX取引を行えば、Fトレードで良い結果をを出すことができます。そうはいっても、FXトレードでお金をたくさん稼ぎたいとおもってしまうんですどね。

☆ 為替相場で何年も大きな損益を出さないコツ。

為替相場で何年も大きな損益を出さないようにするには、自分が決めた損切りラインで、損切りを実行すれば良いだけなので、特別な才能がない人でも、為替相場で何年んも大きな損益を出さないようにすることができます。また、ハイレバでのFX取引時にも、自分の決めた損切りラインで損切りをすれば、自分のトレード資金の大半を守りぬくことができるので、ハイレバFX取引だからといって損切りをせずに、ゼロカットまでポジションを持つことはあまり得策とは言えませんね。

FXトレードで退場しなくない、FXトレード取引で大きなお金を失いたくないという気持ちを持てばもつほど、損切りラインでの損切りを行うことができるようになるので、FX取引時には常にトレード資金を守る意識をもっておきましょう。そうはいっても、今回は、多額の含み損を抱えたポジションが助かると思う気持ちをもってしまい、損切りラインでの損切りを躊躇してしまうんですけどね。

☆雇用統計時のFXトレードで爆発的な利益を生み出すコツ

雇用統計時の失業率と雇用者数の両方がかなり良い数字が出れば、雇用統計発表後にドル円が大きく円安方向に走るので、ドル円ロングのポジションをもつだけで、多額の含み益を得ることができます。その逆もしかりで、雇用統計の失業率と雇用者数の数字が悪ければ、雇用統計発表後に、ドル円が円高方向に走るので、ドル円のショートのポジションを取るだけで、それ相応の含み益をえられます。

雇用統計の失業率が予想通りで、雇用者数の数字がほんの少し良い数字がでれば、雇用統計発表後に、ドル円が円安方向に40PIPS動いた後に、ドル円が元の為替レートの水準まで戻るので、ドル円が円安方向に40PIPS動いたときに、ドル円ショートのポジションを持てば、多額の利益をえることができます。その逆も然りで、雇用統計の失業率が予想通りで、雇用者数の数字がほんの少し悪い数字が出れば、雇用統計発表後に、ドル円が円高方向に40PIPS動いた後に、ドル円が元の為替レートの水準まで戻るので、ドル円が円高方向に40PIPS動いた時にドル円ロングのポジションを持てば、多額の利益を得られます。

☆経済指標スキャルピングでコツコツ利益を積み上げていコツ

経済指標スキャルピングでコツコツ利益を積み上げていくには、値動きを的中させやすい経済指標でのみスキャルピングを行うことを徹底することと、自分の予想がはずれたらすぐに損切りすることの2つを実行すれば良いだけ。この2つのことを実行することができれば、経済指標スキャルピングでコツコツ利益を積み上げていくのはそんなに難しいことではありません。まあ、それができないから、FX取引で退場する人が多数いるわけですが。

経済指標の数字が良いのに、通貨ペアのレートが下落したり、経済指標の数字が悪いのに、通貨ペアのレートが上昇したりすることもあるので、安易に経済指標の数値が良いからロング・ポジションを持ったり、安易に経済指標の数値が悪いからショート・ポジションを持ったりすると大きな損益を被ることになります。こういう事態を防ぐには、今の相場環境で経済指標の結果が通貨ペアに反映されるかどうかという部分に着目すればよいだけですね。

☆ハイレバスイングトレードで多額の利益を生み出すコツ

ハイレバスイングトレードで多額の利益を生み出すには、為替レートが日足の第三維持線に到達したら、ハイレバの逆張りでポジションをとればいいだけですね。また、ハイレバスイングトレードで成功すれば、とんでもない利益を手にすることができる反面、ハイレバスイングトレードに失敗すれば、とんでもない損益を被ることになってしまうのだということを決して忘れてはいけない。まあ、ハイレバでのFX取引はギャンブルそのものなので、FX初心者には、あまりおすすめすることはできませんが。

☆低レバレッジでのスイングトレードで多額の利益を生み出すコツ。

低レバレッジでのスイングトレードで多額の利益を生み出すには、為替レートが日足の第二維持線維状に到達したら、低レバの逆張りでポジションをとれば良いだけですね。ただ、レンジ相場が終わりを迎えた時に、日足の第二維持線のところで逆張りをすると、数円~数十円の含み損を抱えることになるので、注意が必要です。
スポンサーリンク


最後に、

FXのコツについて書かせていただきました。

FX勝ち逃げするべき理由とは?

f:id:akihiro5:20170625140356j:plain
FX初心者のうちは、利確するべきラインで利確することもできないし、損切りするべきラインで損切りをすることもできなため、自分自身が知らず知らずのうちに損小利大のFX取引になってしまい、FXトレード収支がマイナスになります。このような実態が存在しているので、FX初心者は、FXトレード収支がプラスになったら、FX取引をやめて、自分のFX口座から全額出金するようにしよう。今回はFX勝ち逃げするべき理由とは?について書いていきます。

FX口座から出金することに成功して、ようやく利益。

FX取引で含み益を利確しても、FX口座残高が増加しても、その後FX取引で負けてFX口座残高が減少してしまうことに嫌気がさしてFX取引をやめてしまうFXトレーダーが後を立ちません。このような結末を辿らないようにするには、FX取引で利確に成功し、FX口座残高が増えたところで、自分のFX口座残高のすべてを自分のFX口座から出金すればよいだけ。このことができないFX初心者はいつまでたっても、FX取引でお金を儲けることができません。

FXは9割の人がいつかは退場するゲームだから。

FXは一割の勝者と9割の負け組がいるゲームとなっているので、多くのFX初心者は9割の負け組となってしまい、自分のトレード資金のほとんどをFX取引で溶かすことになります。このような末路をぜったにたどりたくないFX初心者は、自分のトレード資金のほとんどをFX取引で失う前に、自分のFX取引口座残高のすべてを自分のFX口座から出金するべきですね。この事ができないFX初心者は、何度もFX取引で、自分のトレード資金を失うことになる。

FX取引のストレスはすごいから。

FX取引を行うと、自分の大切なトレード資金を失いたくない気持ちを長時間持ってしまうことで生じる労働では感じることができないレベルのストレスを感じることになります。このストレスを感じたくないFXトレーダーは、勝てる場所でサクッとポジって、サクッと利確して、さくっと出金して、サクッとFX取引の利益を獲得しましょう。この一連の流れができるFX初心者は、FX取引の才能があるので、FX取引で莫大な財産を積み上げられる可能性あり。

FX取引を毎日行う=自分の人生の時間を無駄にしているから。

FX取引を勝てる確率が高い日のみFX取引をして、それ以外の日は自分が楽しむための時間にすることができているFXトレーダーは時間を有効活用できているといえるでしょう。逆に、FX取引を毎日行って、自分の大切な時間を取ることができていないFXトレーダーは人生の大切な時間を無駄にしているといえるでしょうね。

FXは誰でも損する可能性があるゲームだっから。

要人の発言で、通貨ペアが大きく変動してしたことにより、自分のポジションが多額の含み損を抱えてしまうことに。このような事態が頻繁に起こりうる為替相場では、誰もがFX取引で多額の損益をだす可能性があるので、FXのトレード収支をプラスにしたい人は、FXトレード収支がプラスになった時点で、自分のFX口座から全額出金するべきなのです。

FX取引をしていない時間は本当に幸せだから。

FX取引をしていないと、FX取引でお金を失うかもしれない恐怖を感じることなく、毎日自分のしごとに熱中できるので、毎日幸せに生きることができちゃいます。このことを知っているFXトレーダーは、さっさとFX取引で勝ち逃げして、FX取引でお金を失う恐怖から開放されています。まあ、FXは本当につかれる。

FXで永遠に勝ち続けると思いこんでしまうから。

FX取引で勝ち逃げすることを自分の選択肢から除外して、毎日FX取引で利益を上げたいと思っている人の多くは、FX取引で永遠に利益を得ることができると思い込んでしまった結果、思わぬ為替変動に対応することができず、自分のFXトレード資金のほとんどを溶かすことになるいます。このような末路をたどりたくない人は、FX取引で永遠に勝ち続けられるという考えを捨て、FX取引で勝ち続けるは難しいという謙虚な考えをもとう。

強欲な気持ちをリセットできる。

FX取引で爆発的な利益を得ると、FX取引で利益を得るのは簡単だーという気持ちをもってしまい、FX取引時に思わぬミスを犯すことになります。このようなことを防ぐには、FX取引で爆益を得たら、自分のFX口座から全額出金をして、FX取引で利益を得るのは簡単だーという傲慢な気持ちをリセットしましょう。

メンタルが病んだら、FXで勝ち逃げしよう。

自分の精神状態が悪いときに、FX取引を行って、70%以上の確率で自分のトレード資金を溶かす事態を防止する意味も込めて、自分のメンタルの調子が悪いと感じたら、自分のFX口座から全額出金して、FXで勝ち逃げをしよう。そうはいっても、お金を儲けたい欲を防止することができず、メンタルの調子が悪くてもFX取引を続行して、自分のトレード資金を溶かす人は多くいますが。

FXは頑張れば頑張っただけお金が儲かるものではない。

FX以外の仕事は頑張れば頑張るほどお金を儲けることができることができますが、FX取引は頑張ってポジションを取れば取るほどお金を失う可能性が高まるものであるので、一度の幸運なFXトレードで爆益を得たら、自分のFX口座から全額出金して、FX勝ち逃げをしよう。
スポンサーリンク



最後に
FXで勝ち逃げをしよう。

レンジ相場の攻略方法。

為替相場の50%~70%はレンジ相場となっているため、レンジ相場を完璧に攻略さえすれば、FX取引で億トレーダーになることも難しくありません。ただ、多くのFXトレーダーは、一方通行相場で安易な逆張りをしてしまい、レンジ相場でたんまり儲けた利益を一方通行相場で失う結末をたどります。このような事態を防止するには、FX取引を行うときに、逆張りをすることをやめて、順張りに徹することが求められます。今回は、レンジ相場の攻略法について書かせていただきますね。

レンジ相場時に気をつけておきたいこと。

☆為替レートが自分の予想レンジを上回ったらすぐに損切りを行う。

為替レートが自分の予想しているレンジを上回った時にすぐに損切りをすることを実行する習慣をつけないと、トレンド相場発生時に、200PIPS~400PIPSの含み損を抱えることになるので、為替相場で大きな損益を出したくない人は、為替レートが自分の予想レンジを上回ったら、自分の逆張りSポジションをすぐに損切りしよう。

☆為替レートが自分の予想レンジを下回ったら、即時損切りを行う。

為替レートが自分の予想レンジを下回ったら、即時損切りを行う習慣つけて置かないと、一方通行相場が発生した時に、200PIPS~500PIPSの含み損を被ることにあるので、FX取引の損益額を抑えたい人は、為替レートが自分の予想レンジを下回ったら、自分の逆張りLポジションをすぐに損切りしよう。

☆レンジ相場に決まっているという思考を持たない。

レンジ相場にきまっているという思考に陥ると、自分の予想を裏切る事態が起きた時に、いつか自分のポジションは助かるだろうという思いから、自分の糞ポジを損切りすることができず、FX取引で大きな損益を生み出してしまいます。このような事態に陥らないようにするには、どんな相場環境であっても、損切りラインに到達したら、損切りを躊躇なく行うようにすれば良いだけです。

☆他人の意見を参考にしない。

他人の今日はレンジ相場だから、OOの通貨ペアのOOのレートでSのポジションをとるべきだという意見を鵜呑みにして、ポジションを取ったに限って、大きなトレンド相場が発生して、自分のポジションが強制ロスカットやゼロカットされる事態にあいます。このような事態を防止するには、他人の意見を鵜呑みにすることをやめて、自分の頭で考えてポジションを取るようにしましょう。

☆レンジ相場は永遠に続かない。

レンジ相場が長期間続いていると、レンジ相場が永遠に続くのではないだろうかと思い始めてしまい、安易な逆張りなポジションをガンガンとるようになってしまいます。そんなスタイルになっている時に、突然大きなトレンド相場が訪れてしまい、自分の安易な逆張りなポジションが強制ロスカットやゼロカットされるので、為替相場で生き残りたい人は、常にレンジ相場は永遠に続かないと思っておくべきですね。

☆大手金融機関の今週のレンジ予想はあてにならない。

大手金融機関の今週の通貨ペアのレンジ予想を鵜呑みにして、大手金融機関のレンジ予想の上限と下限で逆張りのポジションをとる癖をがついてしまうと、一日に3円~5円動くトレンド相場時にうまく対応できず、100PIPS~500PIPSの含み損を抱える結末をたどることになります。このような結末をたどりたくなければ、大手金融機関の今週の通貨ペアのレンジ予想を鵜呑みにしないようにしましょう。

☆レンジ相場時には、ナンピンをしない。

レンジ相場時に、ナンピンを繰り返して利益を生み出す癖をつけてしまうと、トレンド相場時にもついついナンピンをしてしまい、多額の含み損を抱え込むことになります。このような結末を防ぐには、ナンピン事態をやらないということを自分のFXのトレードルールに定めておきましょう。

☆レンジ相場時で、逆張りをするときは、最悪の事態を想定しよう。
最悪の事態(自分の予想が外れる)を想定しておけば、レンジ相場時の逆張りをするときにポジる枚数を少なめに抑えるようになるので、一度のトレードミスで大きな損益を被ることがなくなります。そうはいっても、自分の欲を制御できなくなると、最悪の事態が起こることが頭に浮かばなくなり、ポジる枚数を多めにして逆張りしてしまうんですよねー。

☆レンジ相場の天井を取ることは諦めよう

FX初心者は、レンジ相場の天井で逆張りSのポジションを取ることは諦めて、ある程度レバレッジを抑えて、天井付近で逆張りSのポジションを持つことを実行しよう。そうすれば、自分の逆張りSのポジションの逆方向に、為替レートが動いても、レバレッジが低いため、大きな損益を出す事態を防止することができる。

☆レンジ相場の大底を取ることは諦めよう。

FX初心者は、レンジ相場の大底で逆張りロングのポジションを取ることは諦めて、低レバレッジで、大底付近で逆張りロングのポジションをもつことを実行しよう。そうすれば、自分の逆張りロングのポジションの逆方向に、為替レートが動いても、レバレッジが低いため、多額の損益を出す事態から逃れることができる。

スポンサーリンク



レンジ相場の攻略方法。

☆ 材料がないのに、大きく為替レートが上昇したところで、逆張りSを持つ。

為替レートが上昇する材料がに何も無い局面で、大きく為替レートが上昇したところで、逆張りショートのポジションを持てば、凄まじい額の利益を手にすることができます。其の理由は、為替レートは、材料がなく大きく上がった場合は、為替レートが上昇する前のレートまで戻ることがおおいから。

☆材料がないのに、大きく為替レートが下落したところで、逆張りLを持つ。

為替レートが下落する材料がなにもない局面で、大幅に為替レートが下落したところで、逆張りロングのポジションを持てば、まじめに働くのがバカバカしくなってくるレベルの利益を手にすることができます。其の理由は、為替レートは、何の材料もなく、下がった場合は、為替レートが下落する前のレートまで戻ってくる事が多いから。

☆良い経済指標が続くとレンジ相場が終わりを迎える。

良い経済指標が続くと、今までの決まった為替レート幅でのレンジ相場が終わりを迎え、もう一段階上の為替レートに到達するために、大きな上昇トレンドが発生するので、上昇トレンドが発生した方向にロングのポジションを取れば、多額の含み益を得ることができます。

☆悪い経済指標が続くと、レンジ相場が終焉を迎える。

悪い経済指標が続くと、今までの決まった為替レート幅でのレンジ相場が終わりを迎え、もう一段階下の為替レートに到達するために、大きな下落トレンドが発生するので、下落トレンドが発生した方向にショートのポジションを持てば、それ相応の含み益を得ることができます。

大きく下げる材料が出しつくして、2円~3円程、為替レートが下落したところで逆張りロングを持つ。

大きく下げる材料が出し尽くして、2円~3円程、為替レートが下げ止まったのを確認したら、逆張りロングのポジションをもつ。この時に、突然、さらに為替レートを大きく下げる材料がでてしまうと、100PIPS~200PIPSの含み損を抱えることになるので、要注意ですね。

大きく上げる材料が出し尽くして、2円~3円程、為替レートが上昇したところで逆張りショートを持つ。

大きく上げる材料が出し尽くして、2円~3円の程、為替レートが上げ止まったのを確認したら、逆張りショートのポジションを持つ。この時に、突然、更に為替レートを大きく上げる材料がでてしまうと、100PIPS~200PIPSの含み損を抱えることになります。

小幅に下げる材料が出し尽くして、0.5円~1.5円程、為替レートが下落したところで、逆張りロングを持つ。

小幅に下げる材料が出し尽くして、0.5円~1.5円程、為替レートが下げ止まったのを確認したら、逆張りロングのポジションを持つ。この時に、突然、為替レートが大きく下がる材料が出てしまうと、0.3円~0.8円程の含み損を抱えることになります。

小幅に上げる材料が出尽くして、0.5円~1.5円程、為替レートが上昇したところで、逆張りショートを持つ。

小幅に上げる材料が出し尽くして、0.5円~1.5円程、為替レートが上げ止まったのを確認したら、逆張りショートのポジションを持つ。この時に、突然、為替レートが大きく下がる材料が出てしまうと、0.3円~0.8円程の含み損を抱えることになります。